MASA Planetary Log

アクセスカウンタ

zoom RSS 天文単位と光時の換算

<<   作成日時 : 2011/12/20 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet )では、距離の単位として専ら光時、光分といった光速に基づく単位が使われる。作中の艦隊が0.1光速で巡航し、索敵が光速の制約を受ける設定からすると合理的だ(「リングワールドの子供たち」でもリングワールド外での戦闘では光時が使われていた)。しかし、戦闘の舞台となる星系のスケールをイメージする上では、むしろ天文単位のほうがありがたい。

このため、別記事のコーバス星系の宙図では天文単位に換算して作図したのだが、作中の場面との対比の上では、やはり光時のほうが分かりやすい。

作図の仕方はさておき、換算のための数値をメモしておく。

1AU(天文単位)
=約1億5000万キロ
=約500光秒
=約8.3光分
=約0.139光時

光速単位から天文単位に換算する場合は、上記の数値で割り返してやればよい。

----------

太陽から各惑星までの距離を換算したものは以下の通り。「宇宙戦艦ヤマト」に出てくるイスカンダル(イスカンダル・ガミラス系)の、恒星サンザーからの距離も付記した。

名前
Name
軌道長半径
天文単位
(AU)
km光時
(Lhr)
光分
(Lmin)
水星0.395.79E+070.053.2
金星0.721.08E+080.106.0
地球1.001.50E+080.148.3
火星1.522.28E+080.2112.7
小惑星帯1.80-4.202.69E+08-6.28E+080.25-0.5815.0-34.9
木星5.207.78E+080.7243.3
土星9.541.43E+091.3279.3
天王星19.192.87E+092.66159.6
海王星30.074.50E+094.17250.1
EKB
(冥王星などを含む)
30.00-50.004.49E+09-7.48E+094.16-6.93249.5-415.8
散乱円盤
(エリスなどを含む)
50.00-7.48E+09-6.93-415.8-
イスカンダル2.002.99E+080.2816.6


最終更新 2012.03.09

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天文単位と光時の換算 MASA Planetary Log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる