MASA Planetary Log

アクセスカウンタ

zoom RSS New Horizons の画像に基づく冥王星の地図 #PlutoFlyby

<<   作成日時 : 2015/07/08 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月27日から通信途絶直前の7月3日にかけてニューホライズンズが撮影した画像をもとに作成された冥王星の地図画像が公表された。

July 7, 2015
New Horizons Map of Pluto: The Whale and the Donut
http://pluto.jhuapl.edu/News-Center/News-Article.php?page=20150707

画像


この画像をもとに、冥王星の見え方を国立天文台のフリーソフトMItakaで作図してみた。上記の画像を切り抜き、経度0度の線が中央にくるように調整し、Mitakaのテクスチャフォルダ内に「pluto.jpg」として保存した。この状態でMitakaを起動すると、ニューホライズンズによる地図が惑星表面テクスチャとして表示される。(ただし、Mitakaでは、冥王星の自転軸が南北逆転しているせいか、テクスチャを180度回転させないと正常に表示されない)

画像


冥王星の地表には顕著な明暗があり、経度0〜180度付近の暗い地域は、非公式に「クジラ(the Whale)」と呼ばれている。西の端にはご丁寧に尾びれまでついている。その東側の明るい地域は「鼻(snout)」と呼ばれ、その東から経度360度(=0度)にかけて四つの黒斑がある。

あらためてMitakaで見てみると、黒斑の地域は最接近時には冥王星を挟んでカロン側にあり、見ることはできない。その前に黒斑周辺が見えるのは、やはり7月10日頃が最後となる。

画像


画像


画像




太陽系はここまでわかった
ぐるぐる王国 楽天市場店
リチャード・コーフィールド/著 水谷淳/訳本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認


楽天市場 by 太陽系はここまでわかった の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ここまでわかった!太陽系のなぞ [ 沼沢茂美 ]
楽天ブックス
探査機の写真で見えてきたおどろきの姿 子供の科学・サイエンスブックス 沼沢茂美 脇屋奈々代 誠文堂新


楽天市場 by ここまでわかった!太陽系のなぞ [ 沼沢茂美 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






探査機でここまでわかった太陽系 [ 松井孝典 ]
楽天ブックス
惑星探査機とその成果 知りたい!サイエンス 松井孝典 技術評論社発行年月:2011年08月 ページ数


楽天市場 by 探査機でここまでわかった太陽系 [ 松井孝典 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
New Horizons の画像に基づく冥王星の地図 #PlutoFlyby MASA Planetary Log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる