MASA Planetary Log

アクセスカウンタ

zoom RSS KIC8462852(ボヤジアン星)雑感

<<   作成日時 : 2017/09/08 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

arXiver(https://twitter.com/arXiver)のツイート(https://twitter.com/arXiver/status/905641171648626688)より。

ツイートのリンク先の記事は「謎のKIC8462852の光度曲線に発見された反復するトランジット様の減光 周期928日?」(Detection of a repeated transit signature in the light curve of the enigma star KIC 8462852: a 928-day period?)(http://arxiver.moonhats.com/2017/09/07/detection-of-a-repeated-transit-signature-in-the-light-curve-of-the-enigma-star-kic-8462852-a-928-day-period-epa/

曰く、KIC8462852(ボヤジアン星)についてケプラー探査機のデータを再解析し細かく浅い減光を検出できるようにした。このうち4日半にわたる1000分の1の減光が928.25日間隔で2回抽出され、リングもしくは一連の六個の彗星の通過で説明できる。2017年3月に予想された減光は天候に恵まれず観測できなかった。次回は19年10月と予想されている、とのこと。

なお、ここでいう「彗星」とは、ボヤジアン星を公転する彗星で、原文では「exocomet (太陽系外彗星)」と呼ばれている。


ボヤジアン星については、日経サイエンス2017年10月号に記事が掲載されている。

「謎のボヤジアン星」
http://www.nikkei-science.com/201710_062.html

記事中では、この星の減光の原因についての数多くの仮説(ダイソン球説も含む)を紹介している。このうち、「彗星の大群」は、一時的な減光の説明としては妥当だが、長期的な減光については原因である可能性は低いと評されている(ボヤジアン星の減光は、比較的短時間で不規則な減光と、数十年単位の長期間の一貫した減光の2種類がある)。上記の928日周期の減光は、前者に相当する。

次回の減光が予報通り観測されれば、彗星説の信ぴょう性が高まるのだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KIC8462852(ボヤジアン星)雑感 MASA Planetary Log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる