アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宇宙戦艦ヤマト」のブログ記事

みんなの「宇宙戦艦ヤマト」ブログ

タイトル 日 時
冥王星基地の場所〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」
冥王星基地の場所〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」 「宇宙戦艦ヤマト2199」でのガミラス軍の冥王星基地の描写を見ると、空にカロンが浮かんでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 00:51
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199 第24話
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 (注意)テレビ放映分までのネタバレありです。    別記事「恒星サンザーとイスカンダル〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界 」で、イスカンダルとガミラスが連星なので、イスカンダルの海には大きな潮汐があるかもしれず、港湾を建設する上で問題があるのではないかと書いていました。実在の港湾でも、干満の差によって乗船口と岸壁の差は刻々と変化し、これを可動桟橋や浮桟橋で緩和しています。しかし、干満の差が惑星全域にわたってあまりにも大きければ、海岸線の位置がその都度大きく変わってしまい、安定的な港を作るのが難しい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/15 17:47
カレル163、ビーメラ、バラン星…「銀河間星」
カレル163、ビーメラ、バラン星…「銀河間星」  カレル163、ビーメラ、バラン星など、宇宙戦艦ヤマト2199では、銀河系と大マゼラン雲の間に広がる「銀河間空間(Intergalactic space)」にも多数の天体が登場します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 23:45
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199第4章
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199第4章 ◎小マゼラン雲での戦い  11話冒頭で、ガミラスとガトランティスが小マゼラン雲の、とある惑星近傍で戦いを繰り広げます。環(リング)をもったガス巨大惑星(木星型)または氷巨大惑星(天王星型)ですが、太陽系の惑星と比べると、環が惑星に対してかなり大きく見えるのが特徴です。  ためしに太陽系の惑星と比較してみます。ただし、土星と天王星の環については、写真などで目立たないものを除く主要な環の数値です。    (1)小マゼラン雲の惑星  惑星の直径 6.59cm 1d  環の内径 14.98c... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/07 23:38
「VLBI望遠鏡」というもの〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
「VLBI望遠鏡」というもの〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章 「宇宙戦艦ヤマト2199」第8話冒頭で、ヤマトはシリウス星系にいて、8.6光年離れた地球を「VLBI望遠鏡」を用いて観測します(別記事で触れたとおり)。ここで、「VLBI望遠鏡」というものについて、少し考えてみます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/06 02:01
回転する宇宙船への移乗〜ヤマト2199第14話
回転する宇宙船への移乗〜ヤマト2199第14話 ※物語の内容に触れています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/25 22:29
宇宙戦艦ヤマト2199第四章予告編から
宇宙戦艦ヤマト2199第四章予告編から 「宇宙戦艦ヤマト2199」第4章の予告編および冒頭10分動画が公開された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/30 12:19
グリーゼ581表面での戦い〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
グリーゼ581表面での戦い〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章  「宇宙戦艦ヤマト2199」第三章、第7話では、赤色矮星グリーゼ581表面近くでの戦いが描かれます。旧作での「オリオン座の三ツ星のアルファ星」での戦いに代わるものです。作中では、ガス生命体を焼き殺すために恒星表面近くに降下したヤマトが、紅炎(プロミネンス)をかわしながら飛行し、突如進路上に発生したプロミネンスは波動砲で薙ぎ払って脱出します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/09 07:26
地球からグリーゼ581へ〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章まで
地球からグリーゼ581へ〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章まで 「宇宙戦艦ヤマト」でたどる道筋については、別記事で整理しましたが、「2199」では出発時期が2月になったことをはじめ、立ち寄る恒星も変更になっているので、改めて第3章までを整理してみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/12/08 17:23
グリーゼ581星系での色〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
グリーゼ581星系での色〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章  宇宙戦艦ヤマト2199第三章では、旧作の「オリオン座三ツ星のアルファ星」に代わって、赤色矮星「グリーゼ581」が舞台となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/05 22:54
惑星のサイズ対比〜宇宙戦艦ヤマト2199の場合
惑星のサイズ対比〜宇宙戦艦ヤマト2199の場合 第2章までに登場した太陽系の惑星の対比図を作った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/20 17:48
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」 ※内容に触れた部分があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 7

2012/08/17 02:12
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第一章」
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第一章」 ※内容に触れた部分があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/08 23:27
イスカンダルの内部構造〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
イスカンダルの内部構造〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界  「恒星サンザーとイスカンダル」でざっくり(というか超ざっくり)考えたイスカンダルの組成と密度をもう少し掘り下げて、イスカンダルの内部構造を考えてみる。前記事を書きなおそうかとも思ったが、条件を一部見直さざるを得なかったので、別記事にした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/04 00:02
冥王星の地表の明るさは
冥王星の地表の明るさは 「宇宙戦艦ヤマト2199」第二章では、木星大気圏内の浮遊大陸、冥王星などが舞台となる。いずれも太陽系内の世界だが、太陽との距離に応じて、光の加減はずいぶん違うはずである。そこで、地球、木星、冥王星での明るさの関係がわかるような画像を作ってみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/07 00:23
テラフォーミングされた火星 〜「宇宙戦艦ヤマト2119」の場合
テラフォーミングされた火星 〜「宇宙戦艦ヤマト2119」の場合 「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク版「宇宙戦艦ヤマト2119」では、イスカンダルからの使者サーシャとの遭遇の舞台となる火星は、ガミラスとの戦いの前にテラフォーミングされている設定になっているそうだ。そう聞いて動画を見直してみると、確かに図示された火星の一部が青く塗られている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/17 12:36
恒星サンザーとイスカンダル〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
恒星サンザーとイスカンダル〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界 【付記】「宇宙戦艦ヤマト2199」では恒星の名前は「サレザー」、イスカンダルとガミラスはその第4惑星になっています。なお、第6章現在、イスカンダル-ガミラス系と恒星サレザーの距離は不明です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 4

2012/03/03 06:27
太陽系から大マゼラン雲へ〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
太陽系から大マゼラン雲へ〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界 ※この記事は「宇宙戦艦ヤマト」での経路について整理したものです。「宇宙戦艦ヤマト2199」での経路は別記事(http://masamich.at.webry.info/201212/article_3.html)にまとめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 20:24
冥王星の大きさ〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
冥王星の大きさ〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界 「宇宙戦艦ヤマト」では、冥王星は第7話、第8話の舞台となった。そのころ読んだ宇宙の図鑑の中には、冥王星の大きさは地球よりやや大きいと書かれていたものがあったと記憶している。最新の情報では、冥王星は約2300qで地球の約5分の1、質量は500分の1で、月よりもさらに小さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 01:04
大マゼラン雲までの距離〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
大マゼラン雲までの距離〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界 【付記】 大マゼラン雲までの距離については、Nature2013年3月7日号に、49.97±1.13キロパーセク(16万2900±3700光年)という値が報告されています。この値については、ネイチャーの記事の中で、大マゼラン雲までの距離の最近の研究が、2001年に発表されたハッブル宇宙望遠鏡キープロジェクトの値(16万3400±7500光年) を意識する傾向があると指摘しています。また、2013年秋に欧州宇宙機関(ESA)が打ち上げを計画している探査機Gaiaが、大マゼラン雲までの距離を年周... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/20 23:51

トップへ | みんなの「宇宙戦艦ヤマト」ブログ

MASA Planetary Log 宇宙戦艦ヤマトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる