アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宇宙」のブログ記事

みんなの「宇宙」ブログ

タイトル 日 時
土星の衛星パンと佐渡島のサイズ比較
土星の衛星パンと佐渡島のサイズ比較 土星探査機カッシーニが撮影した土星の衛星パン(PAN)のクローズアップ画像が公開されました。空飛ぶ円盤のような変った形状をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 15:59
TRAPPIST-1
TRAPPIST-1 みずがめ座の方向、太陽系から約39光年離れた小さな赤色矮性TRAPPIST-1のの表面温度からスペクトルを描いてみました。かなり暗いのと放射の大部分が赤外線なのがわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 14:17
金星探査機「あかつき」カメラIR1,IR2復旧祈念
金星探査機「あかつき」カメラIR1,IR2復旧祈念 2017年3月3日付「あかつき」搭載の2つのカメラ、科学観測を休止」という記事(http://www.isas.jaxa.jp/topics/000901.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter)を読んで、思い出したように画像をアップロードします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 12:14
ティアマト彗星の周期性〜「君の名は。」雑感
ティアマト彗星の周期性〜「君の名は。」雑感 関連記事 ティアマト彗星の見え方〜「君の名は。」雑感(http://masamich.at.webry.info/201612/article_2.html) ティアマト彗星の軌道〜「君の名は。」雑感(http://masamich.at.webry.info/201612/article_1.html) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/19 00:40
重力波GW150914雑感
重力波GW150914雑感 ツイートのまとめです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 12:12
映画「ジュピター20XX」(ASTRONAUT:The Last Push)鑑賞後雑感
映画「ジュピター20XX」(ASTRONAUT:The Last Push)鑑賞後雑感 ※内容に触れている部分があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/08 00:40
映画「エウロパ」(Europa Report)鑑賞後雑感【ネタバレあり】
映画「エウロパ」(Europa Report)鑑賞後雑感【ネタバレあり】 木星の衛星エウロパについては、先日、南極域から氷の噴出が起こっているらしいことが報じられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 00:54
宙図〜彷徨える艦隊(The Lost Fleet)〜海外のサイトから
宙図〜彷徨える艦隊(The Lost Fleet)〜海外のサイトから ジャック・キャンベルの「彷徨える艦隊」シリーズの宙図(chart)。 「DudleyMall 」(http://www.dudleymall.co.uk/index.html)に掲載されているもので、シンディック宙域、シンディック本拠星系などかなり詳しく描かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/05 21:35
火星の重力を映像で再現できるか 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
火星の重力を映像で再現できるか 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考  火星の重力は0.38G、地球の約1/3で、当然、物の落ち方もゆっくりになる。が、その他の動き、たとえば腕や足の動きなどは制約を受けないので、単なるスローモーションともまた違う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/09 00:12
ヘルメスからみた地球と火星 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
ヘルメスからみた地球と火星 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考 映画「オデッセイ」で、ヘルメスの背後に初めて地球が見えるシーンを見て驚いたのは、地球が非常に大きく描かれていたことだ。ヘルメスが、地球への帰還をとりやめ、ワトニーが待つ火星へとコース変更する「リッチ・パーネル・マヌーバ」を行う前のカットだったと記憶している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/03/06 16:40
宇宙船ヘルメスの造形 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
宇宙船ヘルメスの造形 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考  原作小説「火星の人」と映画「オデッセイ」(いずれも原題はThe Martian)で印象が大きく異なるもののひとつが、地球と火星を往復する有人宇宙船「ヘルメス」のデザインだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/03 00:29
アレス3着陸地点の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
アレス3着陸地点の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考 映画「オデッセイ」で最初に登場する火星の風景が、有人火星探査ミッション「アレス3」での着陸地点である。これは、北半球のアキダリア平原にある。アキダリア平原は火星の広大な北部低地の一部を成す平原。原作小説の巻頭の地図におおよその位置も示されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/27 15:27
火星の砂嵐の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
火星の砂嵐の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考 原作「火星の人」では、砂嵐が物語の始まりのきっかけをつくる。また、映画「オデッセイ」では、屋外のシーンでほとんど常につむじ風が描かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/18 00:16
火星の空の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
火星の空の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考  映画「オデッセイ」(原題 The Martian)では、火星の昼の場面で、空が写っている場合がある。雲が浮かんでいたりして、色合いはともかく、特段、地球の空と差をつけているわけではないように見受けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2016/02/13 17:56
宇宙船ヘルメスの足取りと有人火星探査の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
宇宙船ヘルメスの足取りと有人火星探査の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考 ■地球への帰還と再度の火星飛行 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2016/02/13 12:54
ワトニーの足取りと火星の自然の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考
ワトニーの足取りと火星の自然の実際 映画「オデッセイ」(The Martian)の参考 【ネタバレあり】 とりいそぎ、ツイートした記事のまとめです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2016/02/07 18:11
冥王星の想像図の変遷:予想はどこまで当たっていたのか
冥王星の想像図の変遷:予想はどこまで当たっていたのか 冥王星は、1977年に打ち上げられたボイジャー1号、2号の探査のターゲットから外れており、木星から海王星までの外惑星の各種図版が描きかえられたあとも、冥王星だけは長らく想像図にとどまっていた。この7月14日、NASAの冥王星探査機ニューホライズンズ(New Horizons)が冥王星に接近通過し、ようやく鮮明な画像で置き換えられることになりそうだ。来年用の理科の教科書には、さっそくニューホライズンズの画像が使われるのではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/20 23:13
冥王星、カロンと日本列島の大きさの比較
冥王星、カロンと日本列島の大きさの比較 ニューホライズンズの観測に基づく冥王星とカロンの大きさの推定値を使って、日本列島の大きさとの比較図を作ってみた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/19 23:55
ニューホライズンズの観測に基づく冥王星の直径の改訂(比較図)
ニューホライズンズの観測に基づく冥王星の直径の改訂(比較図) 冥王星探査機ニューホライズンズに搭載されている長距離撮像カメラ(LORRI)で撮影された画像をもとに、冥王星の直径が新たに見積もられた。新たに推定された直径は2,370kmで、これまでの推定に比べてわずかに大きい。直径が大きくなったことにより、密度の推定値は若干下がり、冥王星を構成する物質としては、岩石よりも氷の占める割合が少し多くなった。また、大気の層はこれまでの推定より若干浅いということになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 21:38
バック・トゥ・1985 この30年の冥王星探査 #PlutoFlyby #NewHorizons
バック・トゥ・1985 この30年の冥王星探査 #PlutoFlyby #NewHorizons 冥王星探査機ニュー・ホライズンズの冥王星最接近前に、ふと過去の冥王星に関する記事など読んでみて、感慨がこみ上げてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/10 01:30
New Horizons の画像に基づく冥王星の地図 #PlutoFlyby
New Horizons の画像に基づく冥王星の地図 #PlutoFlyby 6月27日から通信途絶直前の7月3日にかけてニューホライズンズが撮影した画像をもとに作成された冥王星の地図画像が公表された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/08 23:08
冥王星の「黒斑」を詳細に観測するチャンスは残っているか #PlutoFlyby
冥王星の「黒斑」を詳細に観測するチャンスは残っているか #PlutoFlyby 冥王星探査機NewHorizonsは、7月4日の発表で、一時通信途絶に陥り、科学観測ができないセーフモードに自動的に切り替わっていたが、7月5日の発表では、原因が特定され7月7日には通常の観測に復帰するとアナウンスされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 23:53
Eyes of the Solor System
NASAが配布する太陽系探査のシミュレーター ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/05 12:10
ニュー・ホライズンズ 冥王星接近の12時間(動画・試作)
冥王星探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に接近する前後の見え方を少し正確に知りたくて作った動画。 冥王星への最接近は世界時で2015年7月14日の11:49:57。この前後の、世界時で6時から18時まで(地球からみた様子は10時から15時まで)を動画にしてみた。画像はNASAのSolar system simulatorによる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/29 05:51
2015年6月23日の冥王星 ニューホライズンズLORRI画像の着色版
2015年6月23日の冥王星 ニューホライズンズLORRI画像の着色版 冥王星探査機New Horizonsが2015年6月23日23:35(ただし世界時)に望遠カメラLORRIで撮影した冥王星画像(白黒)を、5月29日11:28に同じくNew HorizonsのMVIC(Multispectral Visible Imaging Camera 多波長可視光カメラ)で撮影したカラー画像を使って着色したもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 04:33
LORRI画像とMVIC画像から冥王星パンシャープン(?)画像
LORRI画像とMVIC画像から冥王星パンシャープン(?)画像 New Horizonsに搭載されているカメラのうち、LORRIは白黒(パンクロマチック)で高分解能。一方、MVICはカラーで低分解能。それぞれのカメラで5月末から6月初めにかけて撮影された冥王星系の画像が、それぞれGIFアニメーションとして公開されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/23 23:49
冥王星はトリトンに似ているのか
冥王星はトリトンに似ているのか 冥王星は、海王星のトリトンに似ていると言われている。大きさ、色合い、表面温度、大気等々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/18 22:35
NEW HORIZONS が見た2015年6月の冥王星(ハッブル宇宙望遠鏡画像との比較)
NEW HORIZONS が見た2015年6月の冥王星(ハッブル宇宙望遠鏡画像との比較) 冥王星探査機ニューホライズンズの新しい冥王星の画像が発表されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/13 01:51
NEW HORIZONS が見た2015年5月の冥王星(ハッブル宇宙望遠鏡画像との比較)
NEW HORIZONS が見た2015年5月の冥王星(ハッブル宇宙望遠鏡画像との比較) 冥王星探査機ニューホライズンズが、2015年5月8日〜12日に望遠観測装置LORRIで撮影した冥王星の画像が発表されている。このときの距離、8000万キロ〜7500万キロ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/11 00:26
「アルマス」〜表面がダイヤモンドで覆われた星(映画「ドラえもん のび太の宇宙英雄記)
「アルマス」〜表面がダイヤモンドで覆われた星(映画「ドラえもん のび太の宇宙英雄記) 【閲覧注意】物語の内容に触れている部分があります ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/07 19:50
Happy New Year 2015
Happy New Year 2015 年賀画像です。干支です・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/04 16:22
"Welcome to a comet"着色版 の微修正版
"Welcome to a comet"着色版 の微修正版 ESAの彗星探査機ロゼッタの着陸機フィラエが撮影したチュリモフゲラシメンコ彗星の地表画像(モノクロ)を着色したものの微修正版。単純にモノクロ画像に着色しただけだと臨場感に欠けるので、カラーCCDで撮影またはカラー合成したっぽい雰囲気を出すためにR,G,Bを多少色ずれさせてみたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 14:49
"Welcome to a comet"着色版
"Welcome to a comet"着色版 11月13日、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の着陸機フィラエがチュリモフゲラシメンコ彗星の表面に着陸し、地表の画像を送信してきました。フィラエ自身の着陸脚も映り込んでおり、なかなかドラマチックなのですが、残念ながら白黒画像のみ。そこで、着色してみたのが下の画像。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/16 21:15
カレル163、ビーメラ、バラン星…「銀河間星」
カレル163、ビーメラ、バラン星…「銀河間星」  カレル163、ビーメラ、バラン星など、宇宙戦艦ヤマト2199では、銀河系と大マゼラン雲の間に広がる「銀河間空間(Intergalactic space)」にも多数の天体が登場します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 23:45
冥王星の衛星に命名「ケルベロス」「ステュクス」
冥王星の衛星に命名「ケルベロス」「ステュクス」  別記事「視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」」で冥王星系について触れましたが、この記事の時点で仮番号が与えられていた二つの衛星に名前がついたというニュースがありました。名前は「ケルベロス」「ステュクス」。本星が小さい割に、冥王星系はなかなか賑やかな感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/07/15 18:43
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199第4章
視聴後雑感〜宇宙戦艦ヤマト2199第4章 ◎小マゼラン雲での戦い  11話冒頭で、ガミラスとガトランティスが小マゼラン雲の、とある惑星近傍で戦いを繰り広げます。環(リング)をもったガス巨大惑星(木星型)または氷巨大惑星(天王星型)ですが、太陽系の惑星と比べると、環が惑星に対してかなり大きく見えるのが特徴です。  ためしに太陽系の惑星と比較してみます。ただし、土星と天王星の環については、写真などで目立たないものを除く主要な環の数値です。    (1)小マゼラン雲の惑星  惑星の直径 6.59cm 1d  環の内径 14.98c... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/07 23:38
「VLBI望遠鏡」というもの〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
「VLBI望遠鏡」というもの〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章 「宇宙戦艦ヤマト2199」第8話冒頭で、ヤマトはシリウス星系にいて、8.6光年離れた地球を「VLBI望遠鏡」を用いて観測します(別記事で触れたとおり)。ここで、「VLBI望遠鏡」というものについて、少し考えてみます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/06 02:01
UAの惑星〜「共和国の戦士」(The Clone Republic)
UAの惑星〜「共和国の戦士」(The Clone Republic) スティーヴン・L・ケント(Steven L. Kent)の小説「共和国の戦士」(The Clone Republic)に登場する惑星をまとめてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/04 22:31
銀河系の地図〜「共和国の戦士」(The Clone Republic)
銀河系の地図〜「共和国の戦士」(The Clone Republic)  スティーヴン・L・ケント(Steven L. Kent)の小説「共和国の戦士」(The Clone Republic)の舞台となる西暦2508年から2510年の銀河系の地図です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/03 13:36
宇宙空間での機動
宇宙空間での機動 別記事で、「宇宙戦艦ヤマト2199」での国連宇宙軍艦艇の挙動や、ヤマトに装備されている慣性制御について雑感をつづったが、これに関してRIBON-Yさんのブログ「雑誌の良心」の記事「ヤマト2199対ヤマト1974。設定対決」で考察されているのを見つけた。図も交えてわかりやすく面白い。(ということをそのうち書こうと思っていたら、「ヤマト2199。ヤマトのワープ成功以前に超光速技術が在った!」で当方の図表を参照いただいていた。ありがとうございました。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/13 23:58
火星三部作(Red,Green,Blue Mars) ※随時更新
火星三部作(Red,Green,Blue Mars) ※随時更新  Red Mars,Green Mars,Blue Marsは、キム・スタンリー・ロビンソン(Kim Stanley Robinson)の火星テラフォーミングを題材としたSF三部作で、「レッド・マーズ」、「グリーン・マーズ」は邦訳され創元SF文庫に収録されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 00:52
グリーゼ581表面での戦い〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
グリーゼ581表面での戦い〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章  「宇宙戦艦ヤマト2199」第三章、第7話では、赤色矮星グリーゼ581表面近くでの戦いが描かれます。旧作での「オリオン座の三ツ星のアルファ星」での戦いに代わるものです。作中では、ガス生命体を焼き殺すために恒星表面近くに降下したヤマトが、紅炎(プロミネンス)をかわしながら飛行し、突如進路上に発生したプロミネンスは波動砲で薙ぎ払って脱出します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/09 07:26
地球からグリーゼ581へ〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章まで
地球からグリーゼ581へ〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章まで 「宇宙戦艦ヤマト」でたどる道筋については、別記事で整理しましたが、「2199」では出発時期が2月になったことをはじめ、立ち寄る恒星も変更になっているので、改めて第3章までを整理してみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/12/08 17:23
グリーゼ581星系での色〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章
グリーゼ581星系での色〜宇宙戦艦ヤマト2199第三章  宇宙戦艦ヤマト2199第三章では、旧作の「オリオン座三ツ星のアルファ星」に代わって、赤色矮星「グリーゼ581」が舞台となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/05 22:54
CASSINI MISSION〜 「生」画像で見る土星系
CASSINI MISSION〜 「生」画像で見る土星系 NASA/ESAのカッシーニ探査機が撮影した土星や土星の輪(環)、衛星などの画像を使用した動画が、動画サイトVimeo(http://vimeo.com/)でいくつか公開されている。これらの特徴は、美しいカラー画像ではなく、カッシーニ探査機が撮影したままの、ノイズの残る白黒画像を使用しているところだ。もともとカッシーニ探査機で撮影可能な画像は白黒で、公開されているカラー画像は、各色フィルターを交換しながら撮影された複数の画像を合成することで作成されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/20 00:09
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第二章」 ※内容に触れた部分があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 7

2012/08/17 02:12
ワーローンの軌道〜「星の光、いまは遠く」
ワーローンの軌道〜「星の光、いまは遠く」  ワーローン(Worlorn)は、マーティン(George R. R. Martin)の小説「星の光、いまは遠く」(Dying of the light、酒井昭伸 訳)の舞台となる浮遊惑星である。宇宙塵/暗黒ガス雲からなる「誘惑者のヴェール」と銀河系外宇宙(大黒海)の間に広がる「辺境星域」(フリンジ)にある。発見から少なくとも千年間は、どこの恒星にも属さず放浪していたが、やがて赤色超巨星と6つの中型黄色恒星から成る「炎の車輪」の近傍を通過することが明らかとなり、「フリンジ」に属する各人類惑星が上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/15 00:39
「炎の車輪」の見え方〜「星の光、いまは遠く」
「炎の車輪」の見え方〜「星の光、いまは遠く」  「炎の車輪」とは、マーティン(George R. R. Martin)の小説「星の光、いまは遠く」(Dying of the light、酒井昭伸 訳)に登場する「星座」である。「辺境星域(フリンジ)」のどの惑星からも見ることができる。実態は、中心をなす赤色超巨星(「車軸」「地獄の眼」「肥えたサタン」などと呼ばれる)と、その周りを正六角形をなして公転する六つの中型黄色恒星(「トロヤ点の六連星(むつらぼし)」「地獄の冠」「サタンの子ら」などと呼ばれる)の7つの恒星から成る多重連星系である。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/13 12:48
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第一章」
視聴後雑感〜「宇宙戦艦ヤマト2199第一章」 ※内容に触れた部分があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/08 23:27
ワーローンの地図〜「星の光、いまは遠く」
ワーローンの地図〜「星の光、いまは遠く」 「星の光、いまは遠く」(原題 Dying of the light)の舞台となる放浪惑星ワーローン上の地図を作ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 23:12
登場事物の造形 〜 「星の光、いまは遠く」
邦訳版のカバーイラストは抽象的な感じだが、海外版の表紙絵は、作中の人物・事物を視覚化したものが多く、場面の想像の助けになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 16:57
「辺境星域(フリンジ)」周辺位置図〜「星の光、いまは遠く」
ジョージ・R・R・マーティン著「星の光、いまは遠く」(原題Dying of the light )の舞台となる「辺境星域(フリンジ)」周辺の位置図を作ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 16:28
図解・隊形「フォックス5(ファイブ)」〜彷徨える艦隊(The Lost Fleet)
「フォックス5(Fox 5)」は、「彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス」終盤の艦隊戦で使用される隊形。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/20 16:57
鑑賞後雑感〜「おかえり、はやぶさ」
★内容に触れている部分があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/20 00:59
大マゼラン雲 Large Magellanic Cloud
ウィキペディア英語版(http://en.wikipedia.org/wiki/Large_Magellanic_Cloud)には、大マゼラン雲について日本語版にはない記述があるのでざっくり翻訳してみる。専門用語などわからないところがあるので参考訳。 -------- 大マゼラン雲〜Wikipedia英語版(25 February 2012 at 15:34)より  大マゼラン雲は、近傍の不規則銀河で、天の川銀河の伴銀河である。距離は50キロパーセク(約16万光年)未満で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 06:09
鑑賞後雑感〜「はやぶさ 遥かなる帰還」
一言で言って、惜しい映画だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 12:00
太陽系から大マゼラン雲へ〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
※この記事は「宇宙戦艦ヤマト」での経路について整理したものです。「宇宙戦艦ヤマト2199」での経路は別記事(http://masamich.at.webry.info/201212/article_3.html)にまとめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 20:24
大マゼラン雲までの距離〜宇宙戦艦ヤマトが旅する世界
【付記】 大マゼラン雲までの距離については、Nature2013年3月7日号に、49.97±1.13キロパーセク(16万2900±3700光年)という値が報告されています。この値については、ネイチャーの記事の中で、大マゼラン雲までの距離の最近の研究が、2001年に発表されたハッブル宇宙望遠鏡キープロジェクトの値(16万3400±7500光年) を意識する傾向があると指摘しています。また、2013年秋に欧州宇宙機関(ESA)が打ち上げを計画している探査機Gaiaが、大マゼラン雲までの距離を年周... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/20 23:51
惑星儀リンク(随時更新)
■惑星儀製作 ○姫路市宿泊型児童館『星の子館』 天文台・ペーパークラフト「惑星儀」 リングつき土星あり。 http://www.city.himeji.lg.jp/hoshinoko/kansoku/crafts/planet.html トップページ http://www.city.himeji.lg.jp/hoshinoko/index.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/28 13:07
木星儀と、イオ儀とガニメデ儀
これらも某科学館の工作教室用に作成したもの。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/25 00:01
海王星儀と冥王星儀
これらも某科学館の工作教室用に作成したもの。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/21 01:51
NASAのGRAILが軌道投入に成功
月の重力分布探査と言えば、日本の「かぐや」が裏側も含めて調べたが、グレイルは、「表側のみ」「高分解能で」というのが違うようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 05:32
天文単位と光時の換算
「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet )では、距離の単位として専ら光時、光分といった光速に基づく単位が使われる。作中の艦隊が0.1光速で巡航し、索敵が光速の制約を受ける設定からすると合理的だ(「リングワールドの子供たち」でもリングワールド外での戦闘では光時が使われていた)。しかし、戦闘の舞台となる星系のスケールをイメージする上では、むしろ天文単位のほうがありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/20 13:00
読後雑感〜「リングワールドの子供たち」(ラリィ・ニーヴン)
★物語の内容に触れている部分があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/18 20:07
読後雑感「彷徨える艦隊7戦艦ドレッドノート」(TheLost Fleet)
★物語の内容に触れている場合があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 13:00
鑑賞後雑感〜映画「はやぶさ/HAYABUSA」
これまでみた実話系の映画の中ではかなり満足がいく内容だったと思う。日本版「アポロ13」、宇宙版「フラガール」という言葉が思いつくが、関係者の著書などにも紹介されている細かいエピソードを丹念に拾い上げつつ、ときにコミカルにアレンジしながら半架空の物語として描いていて、単なるドキュメンタリーよりも感情移入できる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/30 06:02
デシャーニ艦長の年齢〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 00:59
宙図(人類宙域の星図)〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 17:51
ジャンプ航路(ルート図、星図)〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容にふれている部分があります。★ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/23 15:44
ジャンプ航路〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 13:49
星系内での方位の表し方〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/13 09:17
原語サブタイトル〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/07 14:45
参考になるサイト〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
「愛書家の縁側」より 彷徨える艦隊シリーズ 艦船リスト 修正 第6版 2011/4/22 http://homepage2.nifty.com/Tetsutaro/Writer/C/C058_Ships.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/07 10:50
読後雑感〜「彷徨える艦隊」(The Lost Fleet)
★この記事には物語の内容に触れている部分があります。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/23 19:56

トップへ | みんなの「宇宙」ブログ

MASA Planetary Log 宇宙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる