MASA Planetary Log

アクセスカウンタ

zoom RSS 読後雑感「彷徨える艦隊7戦艦ドレッドノート」(TheLost Fleet)

<<   作成日時 : 2011/12/14 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★物語の内容に触れている場合があります。★

2012.02.20追記
原書タイトルの「Beyond the Frontier」が邦題には無いのは少々残念だ。
※「新章突入〜彷徨える艦隊(TheLost Fleet) 」より改題

2012.02.19追記
「ジャンプ航路(http://masamich.at.webry.info/201110/article_8.html)」に七巻の行程概略を追記した。
しかし、表紙の二人がギアリーとデシャーニなんだろうか?独自性を出したい気持ちはわかるが、少し行き過ぎている。個人的には本国版表紙(http://www.johnghemry.com/c/255/the-lost-fleet-series)の男を宇宙服でなく(作中でギアリーは宇宙服を着る場面がない)制服を着せた絵のほうが、まだ作中のイメージに近い。

2011.12.20追記
ハヤカワオンラインの刊行予定ページに掲載されている。
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/issue_schedules/paperback/list.html
外部サイト(e本)の予約注文ページでは、「戦艦ドレッドノート」のサブタイトルがついている。

(以下、初回記事作成時)

「彷徨える艦隊」シリーズの新刊情報が、ハヤカワ・オンラインに出た。というか、12月14日現在、まだ新刊情報ページには掲載されていないが、書名検索をかけると現れる。

彷徨える艦隊7 945円
ジャック・キャンベル(著)
刊行日: 2012/01/24
人気沸騰の戦争SFシリーズファンの熱望にこたえ第2部堂々開幕!謎の異星種族探索を命ぜられたギアリー元帥は、新艦隊をひきいて辺境星域へと向かう!
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/item_search_list.php?keyword_type=1&keyword=%D7%C7%D7%D3%A4%A8%A4%EB%B4%CF%C2%E2

「The Lost Fleet - Beyond the Frontier DREADNAUGHT」(著者のページ http://www.johnghemry.com/index.php)の全訳だと思う。第1シリーズの原書と一緒に買おうかと思っていたが、せっかく邦訳が出るならとりあえず待っておこうと思う。



彷徨える艦隊7: 戦艦ドレッドノート (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
ジャック キャンベル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彷徨える艦隊7: 戦艦ドレッドノート (ハヤカワ文庫SF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読後雑感「彷徨える艦隊7戦艦ドレッドノート」(TheLost Fleet)  MASA Planetary Log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる